正やんのドタバタ介護日記

痴呆の母の介護記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やはり

今夜も痴呆の母の口やかましさに眠れそうにもないうわ言のように腰痛い助けて、オシッコしたいって何回騙されたことかもう口癖になっている。朝も夜もない。ノイローゼになるわ。まぁ明日からは施設に入ってもらうから今夜一晩の辛抱だけど。正直ノイローゼ寸前。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 22:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日1日

母の介護も残すとこ今日1日となった。母には悪いとは思うがもう自分の力ではどうすることも出来ないから明日施設に入所さすことにした施設には毎週一回精神科医も来て下さることだし母に合った薬も処方して下さるとのことで母にとってもいいと思う。まぁ痴呆の母には理解出来ないとは思うが。
  1. 2010/03/31(水) 12:22:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり

痴呆の母を在宅で介護するのは限界がある。ケアマネージャーさんと姉との話し合いで施設に入所させることにした。まずは2週間のショトスティで様子を見て部屋がそのまま入所と言う形になるそうで今の母は昼も夜中も関係なく口うるさくて親父も私もお手上げ状態訳わからない言葉を発しては悩まされているのが現状。
  1. 2010/03/30(火) 15:07:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決断

今朝姉と相談した結果、このままでは親父も自分も体調に変化をきたすから母を老人専門の病院に入院?先生の診断結果にもよるが。させる方向に進めることにした。現に親父は睡眠不足でしんどがってるし自分は腰を痛めるしでもう体調に変化をきざしているのが現状でほとほと参ってるのが正直な感想。
  1. 2010/03/29(月) 10:39:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オシッコ漏れるの言葉に

毎回騙されるまぁやる時もあるんだが大体はこのパターンもう力の抜けたは母を便器に座らせるのは限界。オムツにしてくれたほうがまだどんなにか楽か。母の言うことにはもうついていけないっか主導権を握らせたらこちらが身体持たないから作戦変更してこちらの言うことに従わすしかないっか痴呆やからわからないかも知れないが強行するしかない。オシッコと言ってもオムツ確認の上、オムツにやってもらうようにしなければ。痴呆老人の心理が読めないのが何とも歯がゆい。
  1. 2010/03/28(日) 21:56:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠らない夜

とうとう母には眠らせてもらうことが出来なかったと言うよりも本人も辛いだろうっか家で最後まで介護するつもりだったがこうも毎晩寝させてくれないとなると家で見るのは限界がある。まずこちらが倒れるのは時間の問題か。やはり痴呆の母には同情しないでここは鬼になったほうがいいのだろうか?正直苦悩の日々でもある。
  1. 2010/03/28(日) 05:39:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独り言

痴呆の母の夜中のトイレ介助がすんだと思ったら今度は独り言に悩まされつつある。頼むから寝かせてよ毎晩毎晩分割で起こされては身体が持たないよもう母には薬も効かないのか?こちらが薬を飲みたくなったよ。たまには朝まで熟睡したいわ。
  1. 2010/03/28(日) 02:28:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診察で

あまりにも母が夜中に何回も起き出しては意味不明な言葉を発するので今日病院に連れて言って診察をしてもらった。今日は少し強めのセルシン(リラックス)の薬を処方してもらった。家に帰ってから飲ましたら23時間寝てくれたので多分今夜はあまり起きないとは思うがまだ不安だ。こちらも睡眠不足なので母が夜中に起き出してこないことを祈るしかないか
  1. 2010/03/27(土) 19:55:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想

寝ていると夢の中に親父の声がいや夢ではない。親父が母と話してるのだ。すぐに起きて親父の部屋に行くと母が親父のベッドまで這っていってベッド脇にたたんで積み重ねてある服を「これ引っ掛かるから片付けて」と親父に声をかけている。時計の針は午前2時47分。またかと思いながらも母に話を合わせるようにして再度ベッドに寝るように促して落ち着いた。母の妄想は時間を選ばないから視力障害者でもあるから夜中に勝手に起き出して這い出すからケガでもされたらそれこそ大変なことになるからおちおち寝ていられないのが私の夜の日課になっている。
  1. 2010/03/27(土) 03:11:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見当識障害

今日、ディの看護師さんから母の見当識障害がひどいから一度専門のお医者さんに連れていって診てもらったほうがいいですよと電話でアドバイス頂いた。以前からうすうすわかってはいたがなかなか連れて行く時間がなかって姉と相談してた矢先で看護師さん曰く薬で本人さんもかなり楽になりますよと言っていただいたのだが痴呆に関しては全くのど素人だから何をどうしたらいいのかわからずネットで痴呆関係の知識を検索して勉強してるだけで看護師さんの言葉に救われたって感じ。正直普通のお年寄りを介護するのと痴呆のお年寄りを介護するにはかなり覚悟がいることがわかり腰を据えてかからないとダメなんだなぁっとつくづく感じた次第です。
  1. 2010/03/26(金) 16:29:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の認知症

母が認知症になって早いもので2年が経つ。今の母は別人格の母と言ったほうが早いだろう。認知症が現れる前の母の介護は慣れたら同じことの繰り返しだったが今はそうではない。毎日が難問だらけの介護である。体力的な介護はまだ大丈夫だが母の精神面または心理面での対応に苦慮しているのが現状でどうにかして痴呆の母の心理を少しでもわかりたいのだが無理だろうな?一応、基本的な心理学を勉強して痴呆老人の心理なるものを勉強したいと思っているのだが痴呆になる以前の母と違い今の母とは会話も合わない状態でこちらの一方通行って言った感じで母の感じがしないのが無性に寂しくもあり悲しい。また母も一生懸命に訳のわからないことを言ってるのだか何かを訴えてるのだけは雰囲気でわかるのだが何を訴えてるのかと言えばそれがわからないから自分も悲しいのが本音。
  1. 2010/03/26(金) 11:20:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。